KOUMA GARDENができるまで★老健リハビリ室★

今回は老健リハビリの取り組みをご紹介します。

 

長い間、ご自宅で生活をされていたご利用者様です。

自宅で転倒し、骨折。

独りで生活をするには難しく、病院からそのまま施設に来られました。

 

来られた当初は「家に帰りたい」と繰り返し話されていました。

そのために運動をしますが、痛みでなかなか進みません。

出来ない事に対し落ち込まれるため、施設での生活は辛く、悲しいものでした。

 

ある日、帰りたいご自宅はどんな場所だったのかお話を伺うと…

「家のお向かいには池があって、庭からよく見えたんです。あまりにきれいな景色やから、庭にも花をいっぱい植えてました。早く、あのおうちに帰りたい。」

ご自宅はとても大切な場所でした。

きれいな風景の他にも、子ども達と過ごした日々、ご自身で編んだ沢山のセーター、親戚が集まって得意料理の春巻きをふるまったことなど、その場所であった様々なお話を教えて下さいました。

 

そのお話から、施設が少しでも大切な場所に近づけるようになるには…。

そんな大切な場所が施設でも作れたら…。

 

始めは雑草ばかり、手つかずの植木鉢だらけの場所でした。

 

1枚目

一緒に草引きをしました。

 

2枚目

 

周りにあった植木鉢の剪定をしました。

 

3枚目

 

綺麗になった花壇に、自分が育てたい花を選んで、種を植え、リハビリのある日はずっと水やりをしました。

4枚目

 

お花が咲いた頃、ご利用者様の中でその小さな花壇がとても大切な場所になりました。

5枚目

 

「今日はどうなってるかな?早く見に行こう!」

今日も施設での生活を、元気に楽しく過ごされています。

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818

過去の投稿