生き活き一座(平山作業療法士・大垣作業療法士)が保育所を訪問しました。

先日、明石市内の保育所を、平山作業療法士と大垣作業療法士と

利用者さま数名で『生き活き一座』として紙芝居を披露しに訪問しました。

『生き活き一座』とは、施設で生活されている高齢者の方の地域交流、

役割の獲得を目的とした活動です。

紙芝居2

入所者の方々が、貼り絵で大きな紙芝居を作ったり、

完成後に近隣の保育所にて出張紙芝居をしています。

今回は、「桃太郎」と「ねずみの嫁入り」を上演しました。

参加され入所者の方々は、子ども達との交流を楽しまれ、

「また来年も来れるように頑張ります。」

と力強く話して下さいました。

紙芝居1

次回の訪問を目標に、これからも元気に取り組んでいきます。

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818

最近の投稿