リハビリテーション室での取り組み

老健の個別リハビリでは、在宅復帰に向けて福祉用具の選択や

実際の生活動作を想定した練習も行っていますのでご紹介します。

 

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

◆まずは歩行◆

シルバーカーは使う方の身体機能や認知機能を考慮して選びます。

そして実際に歩いて頂き、歩き方だけでなく視線の向きや姿勢の確認をします。

IMG_4130 1  IMG_4111 1

ブレーキの形や位置、肘を置く高さが違うだけで歩く姿勢は変わります。

ちょっとしたことですが、ここを適当にしてしまうと

『歩きにくい』『しんどい』

だけでなく腰痛や膝痛の原因になることも…。

 

 

◆次はエレベーターの操作練習◆

施設では職員がボタンを押すことが多いので、

どうやったかな・・・と忘れてしまう方もいらっしゃいます。

 IMG_4145 1   IMG_4148 1

エレベーターの操作練習は意外と大事です!

 

 

◆こちらはベランダへの出入りを想定した練習◆

実際の生活では右手に洗濯かごを持たないといけませんが、まずは段差昇降が

できるかです。これが難しければ洗濯を干す場所を考えなくてはいけません。

IMG_4044 1   IMG_4043 1

IMG_4051 1      IMG_4052 1

 

 

◆配膳・下膳の練習もします◆

リハビリでは、両手を離して立てるか、身体を捻ったり屈んだりができるか、

またその時にふらつかないか、

さらにお盆を持って屈む・持ち上げるなどの動作ができるか、・・・など確認をします。

IMG_4199 1IMG_4200 1 IMG_4201 1

この後、実際の食事の場面でも配膳・下膳をご自身にて行って頂きます。

 

————————————————————————–

 

今日ご紹介したのはほんの一部分ですが

老健のリハビリは、病院で

『治した体』

を、今後の生活に活かしていくために様々な練習を行っています。

 

 

 

 

 

 

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818

過去の投稿