明石恵泉福祉会

高齢者虐待防止の研修会を開催しました。

「高齢者虐待のメカニズムについて」をテーマに研修会を開催しました。

講師は、森のすず社会福祉士事務所の森保純子先生にお願いしました。

虐待防止-1 虐待防止-3 虐待防止-4

虐待に関する法律から、虐待に至る因子について詳しくご教示いただきました。

虐待防止-2 虐待防止-5

恵泉では、高齢者を敬うという事を基本に、今後も虐待に関する研修を

定期的に行い虐待のない安全な施設風土を職員全員で構築していきます。

新型コロナウイルス対策会議を開始しました。

新型コロナウイルスの感染が介護施設でも起きています。

 

法人職員全員で最大の緊張感をもって取り組むためにも、

理事長・医師・看護部門・介護部門の代表者による会議をしました。

コロナ-1

予防策だけでなく、もし職員が感染した場合の初期対応

利用者が感染した場合の対応について議論しました。

会議は1時間に及びました。

コロナ-2

明石市内に感染者がでれば、緊急の会議を開催し、

さらに具体的な対応を求める予定です。

第4回感染防止委員会を開催しました。

 

令和元年第4回感染防止委員会を開催しました。

感染-1

今回のテ-マは新型コロナウィルスの予防策についてです。

感染-2

東京の老健の職員が新型コロナウィルスに感染し、

全老健または厚生労働省からの通知文章の内容を基に予防策について検討しました

 

まず面会の制限と職員は出勤前に検温し、出勤時にも再び検温し、

発熱が無いと確認された者は勤務することにしました。

感染-3

恵泉は有事に備えてご利用者の安全を最優先に法人一丸となって感染予防に努めます。

第3回看取り勉強会を開催しました。

第3回看取り勉強会を開催しました。

今回も看取り士の西河先生にお越しいただき、

看取り期における食事・排泄・入浴について学びました。

看取り-1

看取り-2

利用者の声を基本に、職員は家族の思いに寄り添い、

希望に沿ったやり方仕方に関して意見を出し合いました。

看取り-3

また、看取り後の振り返りに職員又は家族より

『◯◯してあげればよかった』

『もっと◯◯できた』

看取り-4

などの声が多いが、そうではなく、『◯◯できたよね』

などのプラス思考こそが看取りにとって大切な事である

ということを学びました。

大学3回生向けインターンシップを開催しました。

大学3回生向けに、インターンシップイベントを開催しました!
インタ-ン3
 インターン2
5名の大学生が参加され、施設での仕事体験やグループワークを通した介護の仕事について
理解を深めるセミナーを様々なメニューに参加して頂きました!
インターン1
 インターン4

参加した学生から
「介護の仕事について、魅力のある職業だと感じ、自分が入ってもっと貢献したいと
                                  思いました」

「介護の概念や自分が介護職でやっていきたいことが見えてきています。
 悪いところばかりに目を向けるのではなく、良いところにもっと目をむけて
             自分のできるかぎりのことをしていきたいとおもいました」

と感想を頂き、介護の仕事や恵泉で働くことについて知って頂く我々にとっても
大変貴重な機会となりました。
インタ-ン5
このようなイベントを今後もバージョンアップして開催して参ります!

リエイブルメント会議開催しています。

令和2年1月31日(金)リエイブルメント会議開催しています。

生活リハ-1

和気藹々とした雰囲気で、活発に意見交換しています。

生活リハ-2

生活リハ-3

テーマである対話の重要性は、この会議でも大事にしています。

介護の日!優秀職員の表彰を受けました。

令和元年11月8日(金) 明石市保険福祉施設協会主催の

「介護の日」記念事業に明石恵泉福祉会より

介護の日4

 介護老人保健施設恵泉西館/成田介護主任

 特別養護老人ホーム恵泉/藤原介護副主任 の両名が

介護の日1介護の日3

優秀職員の表彰を受けました。

 

当日は会場への出発前に多くの職員より

「おめでとうございます」

と祝福の言葉を受け、会場にも複数の職員が応援に駆けつけました。

介護の日2

みんな笑顔の1日でした。

グリーンスローモビリティー事業の実証調査がはじまりました。

高齢化率が高く坂道が多い地区で、無料で電動カート

(グリーンスローモビリティー)を高齢者など足の不自由な方に

利用していただいて、利便性を確認し導入の是非を検討する

実証調査が令和元年10月30日(水)~令和元年11年22日(金)まで

朝霧地区で行われます。電動カート(グリーンスローモビリティー)の運行管理を

「明石恵泉福祉会」が行うことになります。

グリスロ1グリスロ3

令和元年10月30日(水)に出発式が、明石コミュニティープラザで開催され、泉市長より感謝状の授与があり、明石恵泉福祉会/藤本理事長が受け取りました。

グリスロ4グリスロ5

運行状況のご確認は、明石恵泉福祉会 TEL(090-3949-0075)までお問合せ下さい。

運行ルート・ダイヤは下記をご参照ください。

グリスロ2

身体拘束廃止に関する研修会を開催しました。

令和元年10月17日(木)午後2時~午後3時30分の日程で

一般社団法人つばさ 代表理事 出口博久様に講師として

お越しいただき身体拘束に関する研修会を開催しました。

身体拘束3

事故防止策の一環としてやむを得ず身体拘束をする場合がありますが、

改めて身体拘束を通して、ご利用者が受ける不利益と法的な問題に

ついて確認した後、拘束を回避した事例についてご教示いただきました。

身体拘束2身体拘束1

今回の研修内容は全職員に伝達講習し、身体拘束の無い施設を

今後も目指します。

 

看取りの研修会を開催しました。

一般社団法人日本看取り士会西河美智子先生を講師としてお招きし、

看取りに関する研修会を開催しました。

看取り1

恵泉では、ご利用者様・ご家族様の思いに寄り添った看取りをする事を

通して日常のケアそのものの質を向上することを目的に年6回研修会を

開催する事を計画しています。

 

今回は第1回目を開催しました。

第1回目のテーマは『 看取りに必要な礼儀作法・看取りに必要な人としての力 』です。

看取り4

前半は講師から各テーマの要点についての説明があり、後半は職員が4班に分かれて

目標とするアクションプランを作成しました。

看取り2看取り3

職員からは

「看取りケアを行うのにあたり多くの気づきを得れました。同僚にも

 伝えて実践していきたいです」という声がありました。

 

看取りを通して人の尊厳とは何か!命の尊さはいかなるものか!を追求して、

笑顔の恵泉・優しい恵泉を目指します。

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818