12月 2014 のアーカイブ

小学生の社会科見学!

今日は近くの小学校から、4年生の生徒達が社会科見学に来られました。

毎年恒例になっている地域交流の大切な行事です。

…しかし、小学4年生が60名も来られると…にぎやか!元気!!

真剣にバリアフリーについてメモを取る生徒の姿を見て、目を細めるお年寄りも!

次は、見学のお礼にと出し物をしに来てくれるとのこと、楽しみです♡

26.12.9西宮26.12.9西宮(2)

11月のご様子

H26.11文化祭

楽しみにされていた 「文化祭

あ~、嬉しいね~。文化祭に来れて・・・heart」と満面の笑み。smiley

 

H26.11文化祭

まずは、お参り・・・」と恵泉神社の前で手をあわせていらっしゃいます。

 

H26.11 文化祭

「お写真撮りましょうか?」との職員の声に、「いや~、あんたも撮ってもらう~?」とご友人同士で涙ぐみながら

の記念撮影となりました。crying

 

H26.11 文化祭

四季折々の細かい作品には、皆さま歩み寄っていかれ、興味津津のご様子でした。

 

H26.11

 

職員手作りのお弁当(手芸品)を手に取られ、「これから食べたろか?ん・・・食べれるんか?」

皆さまを笑わせてくださいました。

 

H26.11

来年の干支「ひつじ」と、寅年生まれの利用者様、ひつじとらのツーショット写真。

今日も男前でいらっしゃいます。

 

H26.11 文化祭

 

「見て見て・・・」と職員との会話も盛り上がり、 まだまだ観覧は続きます。laugh

・・・来年の文化祭が待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

 

今月の手作りおやつ

今月はクリスマスケーキです♪.

まずホイップクリームをミキサーで作ります

IMG_4304

そして出来たホイップをケーキスポンジの上に・・・

ホイップの上にはココアパウダーと形の砂糖菓子をトッピング

IMG_4309

IMG_4313

さらにフルーツをトッピングします(^o^)/

IMG_4318

では皆様でいただきましょう!いっただきま~す

IMG_4319

沖縄音楽グループ”アンシェ”コンサート

今回で3回目のコンサート来所していただきました 3特20141205_沖縄音楽コンサート

ステキな音楽を聴いていると自然に笑顔が(^.^)IMG_4199

皆様とてもステキ笑顔で楽しんで頂けました♪♪

IMG_4244

IMG_4243

“口腔ケア研修会”の開催

  -介護を必要とする高齢者の口の中の健康を保つために-

 

11月27日、「兵庫県健康づくり推進実施計画の一環として「歯及び口腔の健康づくり」をテーマに、本施設において菊本京子講師(歯科衛生士)による法人職員を対象に教育研修が開催されました。

 

研修にあたり、各施設や参加職員へアンケートを事前に取り、日頃の口腔ケアについての考えや、質問など介護現場での状況調査から始まり、口腔ケアに対する知識や技術を学びました。

smilenavi_201411270_口腔ケア研修04 smilenavi_201411270_口腔ケア研修00

 

 

口腔ケアの目的は、感染症予防(歯周病、むし歯、誤嚥性肺炎、感染症、カンジダ菌など)から、全身状態やQOLの維持・向上まで多岐にわたることなどを学べました。

 

講師の先生から、経口摂取が困難な場合も口腔内が不衛生になりやすく、口腔内の清掃が重要であるとともに「必ずご本人に声掛けを行うことが最も重要なポイント」として挙げられました。

 

また、今回の研修は実技を中心に実施され、「声掛け、リラクゼーション、歯ブラシ、スポンジブラシ、空いた手の使い方、舌清掃、介護者の姿勢やブラッシングが困難な高齢者が負担がかからない方法」など、研修に参加した職員は相互に、介護者・要介護者の立場を理解し実践ながら(相互実習が)行われました。

 

smilenavi_201411270_口腔ケア研修01

 

又、参加した職員からは、口腔ケアの道具の種類がたくさんあり勉強になった、他の職員にも伝達し共有したい、実技中心でしっかりと憶えられた。施設での口腔ケアをもっと充実させ在宅でも取り入れたい。

ご利用者の立場に立った研修内容で、よい経験ができ職場で生かしていきたいと思う。等の感想が聞かれ、研修への取り組みの真剣さが目立った研修会となりました。

smilenavi_201411270_口腔ケア研修03

 

 

 

“その世界に合わせて対応する”教育研修の開催 -認知症の方への関わり方-

今月も先月に引き続き11月26日、本施設内にて法人の職員教育の一環として外部講師(西本直樹講師:認知症介護指導者)による教育研修が開催されました。

 

 

今回は、「認知症の方との関わり方」を講義や実際の映像を見ながら学びました。認知症の人は65歳以上の高齢者のうち約460万人と推計されています。その診断、治療、ケアの推進が社会的にも重要な課題となっています。

 

そのケアの要として患者様のみならず、施設やご家族のサポートも期待されています。ご本人様の想い、感じていることや実際に介護に関わる施設職員の理解、ご家族の大変さ、どのようなサポートが必要とされているのか、施設での「認知症の方への関わり方」介護の現場で必要となる“認知症の方への寄り添い方、心構え”を中心に研修がスタートしました。

 

介護施設でのケアの様子を記録した映像では、認知症の方(ご本人)が、いかに社会や家族に関わってきたのかを大切にし、生き甲斐をもって社会に参加し、その存在感を感じながら幸せに暮らせるのかがリアルに表現されており、深く印象に残るものでした。

研修に参加した職員は、介護現場での日常を顧みながら、「認知症の方の行動の意味」「価値感や歩んでこられた足跡・人格」これらを見つめ直し“認知症の方の作っている世界を理解し大切にすること”を再認識しながら意見交換する場面も見られるなど充実した研修会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818

最近の投稿