生き活き一座の紙芝居。

何年も続けている、生き活き一座の紙芝居。

今年も、『みつばこども園』様より依頼があり、

平成29年10月18日(水) 紙芝居の上演に

利用者様4名と職員4名(作業療法士2名・作業レク1名・介護士1名)

が行ってきました。

紙芝居-3

紙芝居-4

 

その日は、ちょうど園児のお誕生日会が行われており、

サプライズゲストとし参加させて頂きました。

 

行くまでは、精神的な落ち込みのあった利用者様や

大変緊張された面持でした利用者様ですが、

いざ子ども達を目の前にすると、あふれんばかりの笑顔を

見せておられました。

 

最後には、子ども達から振付つきの園歌を見せて頂き、

当日撮った写真を子ども達の作った写真立てに入れて頂き

プレゼントされました。

紙芝居-2

紙芝居-1

 

本当に普段の施設生活では見る事の出来ない利用者様の姿に

こうやって地域の方々と触れ合うことが出来る機会を作ることも

重要だと実感しました。

 

内緒談

 お誕生日会の為、当日子ども達に出されるおやつと同じプリンと紅茶を

 園長先生の計らいで、みんなで頂きました。

 『看護師さんには内緒ネ♪』 などと話されていましたが、一生懸命頑張って

 紙芝居をされた後のおやつは美味しかったようです。

 

法人情報

社会福祉法人 明石恵泉福祉会
〒674-0051
兵庫県明石市大久保町大窪2818

過去の投稿